宅建に受かるためのテキストの選び方

今回は宅建に受かるためのテキスト選びに関する記事をお届けします。

宅建は毎年20万人以上が受験する人気資格なので、テキストや問題集はたくさんの種類が販売されています。

大半の書店で販売されており、入手しやすいメリットがある一方、種類が豊富すぎて何を選べばいいのか、迷ってしまう人も多いでしょう。

どんなテキストを選ぶかで、勉強の方向性が変わってきますので、どのテキストを選ぶかはとても重要になります。

以下に選び方のポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

テキスト選びが合格のカギ

宅建の勉強をするうえで、テキスト選びはとても重要であり、合格のカギといっても過言ではありません。

市販のテキストにはさまざまな種類がありますが、問題を解き方や考え方がテキストの種類によって少し異なります。

そのため、複数のテキストを利用していると、考え方が異なり混乱してしまう可能性があります。

あまり多くのものに手を出さず、自分に合うテキストを一つ見つけ、同じシリーズの問題集を併用しながら勉強する方法がおすすめです。

良いテキストの条件は?

では、良いテキストを見分けるには、どんな点に注目すればいいでしょうか。

良いテキストの条件を以下にまとめますので、参考にしてください。

イラストや図がある

イラストや図などを用いて、わかりやすい解説をしているテキストは、良いテキストといえるでしょう。

どうしても文字だけで解説がされていると記憶しにくいデメリットがあり、非効率的な勉強になりがちです。

宅建業法や法令上の制限では、覚えなければならないことがたくさんあるので、イラストや図など記憶に残りやすい解説を読むことが、実力を上げる近道です。

なるべく1冊で完結できるもの

テキストによっては分野ごとに冊数が分かれているものもありますが、1冊で完結できるものをおすすめします。

忙しい社会人の方は、テキストを持ち歩き、スキマ時間に勉強する機会も多いと思いますが、冊数が多いと持ち運ぶのが不便です。

また、複数のテキストを購入すると費用も割高になりますので、コスパという面で考えても1冊でまとまったものが最適です。

カラーで見やすいもの

白黒よりもカラーのほうが、視覚的にわかりやすく、記憶に定着しやすいです。

先ほど紹介したイラストや図がカラーで書かれていると、さらに覚えやすいでしょう。

すべてのページがカラーの必要はありませんが、できるだけカラーページが多いテキストをおすすめします。

ページ数が膨大ではないもの

ページ数があまりに多いテキストだと、内容を理解するのが大変です。

また、宅建の合格に必要な知識以上の内容が盛り込まれている可能性があるので、効率良い勉強をして合格したいと考えている人にはおすすめできません。

あまり薄いテキストの場合、内容が足りていない可能性もありますが、どちらかといえば要点をコンパクトにまとめたテキストがおすすめです。

もし、深く学びたいと思う分野があるのなら、インターネットの解説サイトや、その分野の専用書を個別に購入すると良いでしょう。

余白がある(書き込める)

ある程度の余白があるテキストも良いでしょう。

テキストを読んでいる中で、これは重要だと思った箇所や、自分なりにしっかりと覚えておきたいと思った箇所を書き込めると、後で復習する際に便利です。

テキストは何度も読み返すことになりますので、自分で注意点などを記載しておくと、より効率的な勉強になるでしょう。

良い問題集の条件は?

テキストとセットで問題集を購入する人は多いと思います。

宅建の勉強では、テキストでインプット、問題集や過去問でアウトプットして、実力を高めていく方法が基本です。

そのため、問題集選びも非常に重要なポイントになります。

以下に良い問題集の条件をまとめますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

なるべくテキストとセットになっているもの

市販のテキストでは同じシリーズの問題集が販売されていることが多いです。

この場合、問題集の内容や解説が、テキストの内容を踏まえたものになっていますので、理解しやすいでしょう。

逆にセットになっていない問題集を購入すると、テキストと考え方が異なったりするため、混乱してしまう可能性があります。

こうした点から、できるだけセットになっている教材を購入することをおすすめします。

過去問が5年分以上掲載されているもの

過去問は5~10年程度行うことをおすすめします。

そのため、問題集は最低でも5年分は掲載されていることが望ましいです。

過去問は過去問題集として購入する人もいますが、できれば問題集に含まれているものが良いでしょう。

解答が見やすいか、解説が付いていてわかりやすいか

解答が見やすいことと、詳しい解説が付いていることは、問題集を選ぶ際に重要なポイントです。

問題集で勉強する場合、間違えた問題や理解が難しかった問題は、答え合わせをするだけでなく、問題の解説を読んでしっかりと復習しなければなりません。

特に宅建試験の場合、正誤問題が多く出題されますが、それぞれの文章すべてについて、なぜ合っているのか、自分で答えられるようになるのが理想です。

間違った勉強方法の例として、問題集や過去問の解答を暗記してしまい、なぜその解答になるのか、理解していないケースがあります。

解答の意味を理解せずに暗記している人は、本番で問題の出し方が少し変わると対応できなくなってしまうので、実力にはなりません。

合格するためには、解答の解説を読んで内容を理解することが大切ですが、解説がわかりにくい問題集だと、誤った解釈をしてしまう可能性があります。

そのため、解答が見やすいのはもちろん、しっかりとした解説が付いているのが良い問題集の条件となります。

最適なテキスト選びの方法

ここまで良いテキストや問題集の条件を解説してきましたが、最適なテキストを選ぶには、どんな方法を用いれば良いのか、わからない人も多いでしょう。

以下にテキスト選びの方法を解説します。

レビューを参考に選ぶ

インターネット上でテキストを探す際は、本のレビューを参考にすると良いでしょう。

Amazonや楽天などの通販サイトでは、本のレビューが多く掲載されていますが、特に宅建の本はレビュー数が多い傾向にあります。

色々なテキストを調べてみて、レビューの内容を見て自分に合いそうなものを選ぶと良いでしょう。

ただし、レビューの内容だけで決めてしまうのはおすすめしません。

インターネット上には、いい加減なレビューもあったりしますので、一度は本の内容を読んでみてから決めたほうが良いでしょう。

書店やwebでサンプルページを見る

レビューだけで決めずに、実際にどんな感じの本なのか、書店やweb上で読んでみると、自分に合うかどうかの判断がしやすくなります。

書店に足を運び、手にとって読むのが一番おすすめですが、時間がない方はweb上でサンプルページを読んでみると良いでしょう。

サンプルページを見れば、そのテキストの基本的な構成や、解説の仕方などがわかります。

イラストや図は用いられているか、白黒ではなくカラーで書かれているかなど、良いテキストかどうかを見分けるポイントをわかりますので、ぜひ行ってみてください。

逆にサンプルページの確認を行わず、レビューや価格だけを見て購入してしまうと、イメージしていた内容と違い、後悔してしまう可能性があります。

どんなテキストを選ぶかは、勉強の方向性を決める重要な要素なので、しっかりと考えて購入するようにしましょう。

通学や通信講座のテキストについて

最後に通学や通信講座で利用するテキストの特徴をまとめます。

市販のテキストとの違いをよく理解しておきましょう。

教材が同じなので内容に一貫性がある

通学や通信講座では、講座ごとに決まった教材がありますので、内容に一貫性があります。

市販のテキストの場合、同じシリーズのものでないと、テキストと問題集で考え方が異なったりするので、覚えにくい時があります。

これに加えてインターネットの解説サイトなどを利用する場合、ますます教え方や考え方が異なり、混乱してしまうでしょう。

一方、通学や通信講座で決まった教材を利用すれば、こうした心配は起きません。

効率性という観点から考えても、共通の教材を利用するほうがずっと高い効果が見込めるでしょう。

コストがかかる分わかりやすく作られている

通学や通信講座は、市販のテキストを用いるよりコストがかかります。

しかし、コストがかかる分、内容はわかりやすく作られていますので、効率的な勉強をしたい人におすすめです。

また、最新の法改正にも対応していますので、講師による講習を受けながら勉強すれば、確実に実力が身につくでしょう。

テキストの他に講義動画があるところがある

テキストや問題集だけでなく、講義動画が付属しているところもあります。

動画による勉強は、テキストで学ぶよりも頭に入ってきやすいので、高い効果が見込めるでしょう。

特に初心者の方は、テキストを読んでも内容がすんなり理解できないケースが多いので、積極的に動画を活用することをおすすめします。

まとめ

以上、宅建に受かるためのテキストの選び方を解説してきました。

冒頭でも説明した通り、テキスト選びは宅建試験に合格するための重要なポイントです。

最適なテキストを選べるかどうかは、合否を左右するといっても過言ではありませんので、良く考えてこう購入する必要があります。

また、テキストだけでなく、問題集や過去問も慎重に選ばなくてはなりません。

解答だけを見るのではなく、問題の解説が詳しく書かれているかどうかが、選ぶための重要事項といって良いでしょう。

宅建は人気資格のため、さまざまな会社が本を出版しており、何を購入すれば良いのか迷ってしまう人も多いと思います。

しかし、種類が多い分、自分が使いやすいテキストを見つけられる可能性は高いでしょう。

ぜひ今回紹介した良いテキストの条件や、選ぶための方法を参考にしながら、自分にとって最適な本を探してみてください。