宅建に合格するために必要な勉強時間は?


宅建試験の勉強時間に関する記事をお届けします。

一般論として、宅建試験に合格するには、300~500時間の勉強が必要といわれています。

1日1~2時間程度の勉強を1年間継続すれば、合格できる計算となります。

もちろん、勉強時間には個人差があります。

たとえば不動産業界で勤務している人であれば、他業界の人より知識があるため、少ない勉強時間でも合格できる可能性が高いです。

また、年代によっても勉強時間は異なってきます。

一般的に20~30代の若い世代のほうが記憶力が高いため、少ない勉強時間で合格できるでしょう。

しかし、社会人の方は勉強時間を捻出するのがなかなか難しいと思われます。

個人差はあるものの、1日どのくらい勉強すれば良いのか、目安が知りたいと思う人も多いでしょう。

そこで本記事では、宅建試験に合格するための勉強時間や、勉強時間の捻出方法について詳しく解説します。

必要な勉強時間

初めに宅建試験の合格に必要となる勉強時間の解説をします。

冒頭でも説明した通り、一般的には300~500時間の勉強が必要といわれていますが、忙しい社会人の方がこれだけの時間を確保するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

特に平日は仕事で多くの時間を費やすことになるため、隙間時間などを有効に使っていく必要があるでしょう。

とはいえ、まずは一般的な勉強時間を把握することが、試験対策として重要です。

平均的な勉強時間や期間はどのくらい?

宅建は知識や経験によって勉強時間に差が出やすい試験です。

目安としては、ある程度知識がある人は300時間程度、まったくゼロから始める場合は、500時間程度の勉強が必要と考えるべきでしょう。

平均的な勉強期間は、1日の勉強時間にもよりますが、ある程度の知識がある人で半年間、まったく知識がない人は1年間かけてじっくりと勉強することをおすすめします。

また、不動産に関する知識がなくても、宅建と同レベル以上の資格試験を経験していたりする人は、効率的に勉強するコツを理解していると思いますので、少ない勉強時間でも合格できるかもしれません。

ただし、近年の試験は難易度が上がっているうえ、合格点も上昇傾向にあるので注意が必要です。

一発合格を目指すのであれば、平均的な勉強時間より少し長めの期間を想定して、計画を立てることをおすすめします。

1日の勉強時間の目安を考えてみよう

以上を踏まえて、1日の勉強時間がどのくらい必要か、考えてみましょう。

まず、300時間の勉強を目標とする場合、1日2時間の勉強を150日間継続すれば達成できます。

期間にすると、約5ヶ月間になりますので、試験日が10月であることを考え、5月頃から勉強を始めると良いでしょう。

次に、500時間の勉強を目標とする場合、1日2時間の勉強を250日継続する必要があります。

期間にすると8ヶ月弱を要しますので、2月頃には勉強をスタートしたいところです。

以上は1日2時間を想定した場合ですが、もちろん土日や祝日で普段より多めに勉強時間を確保できるのでしたら、もう少し短い期間でも合格可能でしょう。

ただし、短期間で集中して勉強時間をつぎ込むのは、あまりおすすめできません。

毎日コツコツと積み重ねていったほうが、記憶も定着しやすいので、社会人の方は1日少しでも勉強をする習慣をつけることを意識したほうが良いでしょう。

勉強時間の捻出方法

次に勉強時間の捻出方法を解説します。

忙しい社会人にとって、資格試験のための勉強時間を確保することは、一番の課題といって良いでしょう。

特に宅建は、知識ゼロからスタートする場合、1年近く勉強を継続しなければ、合格レベルには達しません。

初めのうちは勉強が続いても、仕事の忙しさに追われているうちに、挫折してしまう人も多いでしょう。

そこで社会人が勉強時間を捻出するためのコツを以下にまとめます。

スキマ時間を有効活用しよう

社会人がまとまった時間を確保するのは大変です。

しかし、1日のうちのスキマ時間を合計すると、それなりの時間になるでしょう。

5~15分程度のスキマ時間を活用できるかどうかが、社会人の勉強において重要なポイントになってきます。

たとえば、通勤時間や会社の昼休み、休憩時間などは多くの人が有効活用できていません。

特に通勤時間はぜひとも勉強に利用したい時間です。

通勤に1時間かかる人であれば、往復で2時間を確保できるので、この間に勉強できれば大きな効果が得られるでしょう。

しかし、電車の中でテキストを開いて勉強することを、億劫に感じる人もいるかもしれません。

そんな人におすすめなのが、スマホを使った勉強法です。

スマホで利用できる宅建試験対策用の勉強アプリはたくさんあり、無料で使えるものもあるので、積極的に利用すると良いでしょう。

また、単語帳アプリなどを使って、暗記問題のチェックをするのも効果的です。

最近ではYouTubeで無料の宅建試験対策講座を提供している方もいますので、一度視聴してみることをおすすめします。

通勤時間帯の電車ですと、混雑していることが多いので、本やノートを開いて勉強するのは難しいかもしれませんが、スマホであれば比較的使いやすいので、忙しい会社員の方にぜひ行ってみてください、

朝活で集中しよう

スキマ時間活用の次におすすめなのが「朝活」です。

朝型か夜型かは、人によって違いがありますが、基本的に目覚めてから2~4時間が人の脳が一番活性化する時間であるといわれています。

仕事が終わって家に帰った後、疲れ切った体で勉強を始めても、なかなか集中できないという人も多いのではないでしょうか。

集中できない中で、どんなに時間をかけて勉強しても頭には入らず、理解できたと思ってもすぐに忘れてしまうでしょう。

特に権利関係(民法)の分野においては、一つの問題を解くのに深い思考力を要求されますので、疲れ切った頭で理解するのは困難です。

体が疲れている時は、早めに就寝して早起きし、朝活の時間を作ることをおすすめします。

もちろん、体質的に朝が弱い人もいますので、やってみて合わないと感じた時は考え直す必要があります。

しかし、夜型と思っている人も、一度は試してみて、自分に合うかどうかを確認してみる価値はあるでしょう。

eラーニングで効率的な勉強を!

スマホアプリで勉強する方法を紹介しましたが、eラーニングの利用もおすすめです。

費用はかかりますが、eラーニングを利用すれば、スマホやパソコンを使っていつでもどこでも勉強ができます。

プロの講師による講義動画を見たり、確認テストを受けたりできるため、スキマ時間で学習したい人に向いています。

特に動画による講義は、本で読むよりも頭に入ってきやすいので、効率的に勉強できるでしょう。

さらに本番前に模擬試験を受け、最終チェックもできますので、お金がかかる分、少ない時間で合格の実力がつけられます。

宅建試験のeラーニングは種類も充実していますので、比較検討して、自分に合った内容のものを選ぶと良いでしょう。

まずは1日のスケジュールの見直しから

スキマ時間の活用や朝活を行ううえで、大切なのは1日のスケジュールを見直してみることです。

1日の自分の行動などを見直せば、どのくらい勉強時間を捻出できるかが見えてくるでしょう。

特にスキマ時間がどの程度あるかは、意識していないと気づかないことが多いです。

通勤時間や休憩時間以外にも、5分、10分程度の空き時間が隠れている可能性があります。

「5分や10分勉強したところで大したことない」と思うかもしれませんが、毎日積み重なってくると大きな時間になります。

ぜひ宅建試験の勉強を始める前の、自分のスケジュールの見直しを行ってみてください。

自分の生活に合わせた勉強方法を考えよう

宅建の勉強方法の解説をしてきましたが、適切な方法というのは、人によって異なります。

学生か社会人かによっても異なりますし、朝型か夜型か、体質によっても変わってきます。

また、ここまで解説してきた通り、不動産業界などで勤務経験があり知識がある人と、まったく知識ゼロからスタートする人では、勉強時間に大きな差が生じます。

まずは自分の生活や、現在の知識量を考えたうえで、どのような勉強方法が良いかを検討することをおすすめします。

社会人には通信講座がおすすめ!

社会人が効率的に勉強する方法を、色々と解説してきましたが、一番効率的なのは通信講座の受講です。

費用は会社によってさまざまですが、2~5万円程度が相場になっています。

市販のテキストや過去問は2000~3000円程度で販売されていますので、独学での勉強と比較すると費用は高くなりますが、効率は確実に上がるでしょう。

また、通信講座の種類によっては不合格だった場合、受講料を返金するという保証サービスを儲けているケースもあります。

独学で勉強をしていると、どうしてもわからない問題があった場合に、質問できる人がいないため、自分で調べなければなりません。

しかし、調べても結局答えがわからなかったり、間違った理解をしてしまったりする可能性があります。

特に権利関係の分野では、民法に対する知識が必須となります。

民法については、参考書や過去問の解説を読んだだけでは深い理解ができず、少し問題の出し方が変わると、対応できなくなってしまう人も多いです。

こうした時に、解答を導き出す方法をしっかりと教えてくれる講師がいると、やはり心強いでしょう。

また、本試験前の法改正によって、過去問では出題さなかった問題や、同じ問題でも正解が異なるケースも出てきますが、通信講座では直近の法改正もしっかりと説明してくれます。

まとめ

以上、宅建に合格するための勉強時間や勉強方法の解説をしてきました。

国家資格の中では、比較的取得しやすいとされている宅建ですが、それでも合格率は15%程度です。

勉強時間は人によって異なりますが、1ヶ月や2ヶ月程度の勉強で、簡単に合格できる試験ではありません。

最近では問題が難化しており、合格基準点も上がってきていますので、しっかりと対策を取ることをおすすめします。

ぜひ今回ご紹介した内容を理解して、コツコツと勉强を続けましょう。